総合評価トップ3

低インスリンダイエットは本当に痩せる?

ダイエットと言えば余分な体脂肪分をそぎ落とし、スリムになることですが最近注目を浴びてきているのが『低インスリンダイエット』

 

インスリンは、体脂肪の元となる糖分を吸収するホルモンの一種です。このインスリンを出にくくすることで太りにくい、痩せやすい体にするというもの。

 

そのためには低インスリンの食事を撮ることが重要となってきます。

 

血糖値が下がると脳に信号が送られ空腹感を感じるようになります。食事をすると、食べ物を消化し小腸から糖分が吸収されて、血糖値が上がると満腹感を感じる。

 

その後、糖分がインスリンによって全身の細胞に取り込まれていくとまた、血糖値が下がりお腹が減るというサイクル。

 

 

楽天ランキング1位の酵素ドリンク

1本のお値段…5,080円(税込)

 

私が産後ダイエットからお世話になっている酵素種類・酵素含有量No.1の酵素ドリンク。置き換えプチ断食するだけで、ほとんどの方はすぐに痩身効果を実感しているらしいです♪

 

 

こんな人にオススメ♪

満腹感、即効痩せたい人に

 

酵素ドリンクを利用したプチ断食(ファスティング)ダイエットは、大変な努力をしなくても痩せられる、私の中でNo.1のダイエット方法だと思います。

 

ベルタ酵素ドリンクは、辛い空腹感がない為ダイエット中も全然辛くなく気が付いたら痩せていた感じ。効果が出るのも早い上に、美容や健康面も補えるのでキレイにスリムになりますね。夜もグッスリ眠れるようになりました(*´∀`*)⇒ランキングを確認

 

 

甘いものが太るメカニズム

糖分の多いスイーツは、血糖値上昇が急激になります。当然インスリンも大量に分泌されますため、脂肪細胞にエネルギーを溜めこんでしまう。さらに血糖値も短時間で下がってしまうので、甘いおやつを食べた後はすぐに空腹感を感じてしまうため食べ過ぎの原因にもなっています。

 

 

低インスリンダイエットには空腹感を少なくするメリットも!

「低インスリン」なんて難しい言葉を使っていますが、ようするに糖分を急激に摂りすぎないダイエット方法です。

 

血糖値上昇をゆっくりになるような食事を摂られると、インスリンもゆっくり分泌されるため糖分がすぐには吸収されない。これによって消費エネルギー量も増え、お腹が空く時間もゆっくりになる。

 

 

糖分が多く含まれる一般食材

主食である食パン、白米には「単純糖質」と呼ばれる糖分が多く含まれています。当然ながら白砂糖などの砂糖類にはたくさんの糖分が含まれております。

 

食パンや白米を玄米やライ麦に置き換えることで血糖値を抑えることが出来ます。砂糖を使う場合には黒砂糖がオススメ、黒砂糖には白砂糖とは違い、複合糖質が多く、血糖値が上昇しにくい。一口に砂糖といっても、同じ糖分で構造が異なる。

 

低インスリンダイエットでも、摂取エネルギーを制限せずに食べ過ぎていてはやはり太ってしまう。しかし太りにくく、空腹感を感じづらくなるダイエット方法なので失敗しにくい方法ではあるでしょうね。